『遠スク』 in 大宮アルディージャ      活動報告!!

10月20日(土)に今シーズン2回目となる遠スク(大宮アルディージャ戦)に行ってきました。

当日、まだ真っ暗な中眠い顔をしながらスクール生が集まってきました。

最初は緊張!スクール生(カチーン)(*_*;

途中、三条・燕と長岡で集合のスクール生も合流して全員集合です。

途中のサービスエリアではみんなの緊張を解すためのアイスブレイクを行いました。(アイスブレイクの様子は遠スク「大宮」4で!!)

スクール生(?_?)

外も明るくなってきて、目が覚めたスクール生はバスの中でも元気いっぱい。

大宮アルディージャのスクール生との交流戦を行う堀崎公園に到着!!到着後、髙取コーチから「今回の遠スクではいつもアルビレックス新潟の一人であることを忘れないで行動してほしいと」お話がありました。

気持ちを切り替えサッカーモードへ。

遠スクではサッカー以外の礼儀や整理整頓、集団行動の大切さも学びます。

現地は素晴らしい秋晴れとなりスクール生たちも長時間の移動の疲れも見せることなく、プレーしていました。

交流戦では日頃のスクールのトレーニングの成果を見ることができ、素晴らしいゴール、素晴らしいプレーが数多くありました。ゴールへチャレンジするプレー!!ハーフタイム!!サッカーと真剣に向き合っている姿。今回の交流戦で、また多くの仲間ができました。

交流戦終了後、トップチームの応援のため「NACK5スタジアム」へと移動

スタジアムには、新潟から数多くのサポーターの皆さんの姿があり、スクール生も試合前から熱が入り、トップの選手のプレーを間近で体感し、選手の闘志あふれるプレー1つ1つを真剣な眼差しで観ていました。

今回の遠スクでは、

・集団行動の重要性

・ひとりではなく仲間と共に行動するということ

・自分の行動に責任が生まれること

さまざまなコミュニティーの中で生きていくために必要とされる数多くのことを学びました。

参加してくれたスクール生には今回得たこの経験を多くの仲間たちに伝えて欲しいと思います。

今シーズン3回目で最後となる『遠スク』inベガルタ仙台11/24(土)も追加募集が決定しました。

10/29よりお申込み開始です。

たくさんのご応募、スタッフ一同お待ちしております。